スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


福岡の3児死亡事故の判決について。

けっきょく、福岡地裁の川口という裁判官は危険運転致死傷を認めなかったけど、それじゃぁ一体 「危険運転」 ってなんなの?と思うわけです。「飲酒=正常な運転は困難」 で、それ自体が危険だから道交法で飲酒運転(酒気帯び運転)を禁止してると思うんだけど、違うの?

判決では、被告は飲酒してたけど正常な運転はできていたし、それ相応の判断もできてたから 「業務上過失致死」 らしいんですけどね。ワタシとしては 「車が海に落ちて、乗ってた人を救助せずに逃げた」 ことを裁判官が 「理解できる判断」 と言っているような気がしてならないんだけど。

被告が事故を起こした後に逃げて、水を飲んでアルコール検知の数値を下げようとした行為を考えてみれば、逆に被告は自分が危険なことをしていたと認めているような気がするんだけどなぁ。

ワタシは被害者でもないけど、どうみてもこの判決にはなっとくできないし、法律上の矛盾がありすぎてなんとかしてくださいって感じです。誰がいつ被害者になるかわからないし、呑んでなくても事故を起こす人は多数いるんだから。


スポンサーサイト

  • 22:15
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment









| /PAGES |