スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


光市母子殺人事件で、死刑判決

この事件を注目している人は少なくないと思いますが、ワタシもその1人です。最高裁で以前の控訴審判決が差し戻されて、改めて行われた差し戻し控訴審で死刑判決がでましたが、これは正当な判断というべきでしょう。

差し戻し控訴審が決まってから弁護人が変わったり、被告からそれまでとは全く異なる供述があったりしたのは、事件の真相を明らかにするためではなくて、死刑を回避する為の行動だと感じるのは自然のことだと思ってます。これができる人間なら当然責任能力はあるだろうし、それならきちんと自分の犯した罪を償ってもらいたい。

もっともこの被告人は、犯した罪ことよりも、前の控訴審まで全く反省した様子がないというのが大きな問題かと思いますけど。

それに、被告が当時18歳になったばかり(30日?)というのが死刑回避の理由の一つだとしたら、それは大きな問題かと思ったりします。
じゃぁ、一体いつからなら死刑になるの?ってことです。18年と50日?100日? それなら 「成人は18歳と100日」 と規定すればいいわけだし。でも、そうすると 「101日はどうなの?」 ってことになって。。。
個人的に、法律には 「ある場所での線引き」 の役割があると思っているので、18歳を死刑適用の年齢と決めたのなら、被告人の年齢を量刑判断の材料にするのはおかしい。

それでもなお、被告弁護団は即日上告したらしいので、最終判決がでるのはもうしばらく先になりそうです。それにしても、被告弁護団はとてもビジネスライクですね。

被告人だけではなく、司法制度に向き合った本村さんには頭が下がります。


スポンサーサイト

  • 22:24
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment









| /PAGES |