スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


数日前の一件ですが。

コンニャクゼリーを凍らせて、1歳半の子に食べさせたら、喉に詰まらせて亡くなってしまったという一件。報道では 「注意事項が書いてあるけど見難い」 などといった内容が多くて、製造する側や法整備に問題があるような印象を受けたのですけどね。

でも、どうなんでしょう。もうすでに同じ事故で何人もの方が亡くなって、その度に話題になってたわけだから、利用する側にも責任があるんじゃないのかなぁなんて思うわけです。要は 「自分は大丈夫」 ってヤツです。

似たようなものとしては、暑い日に車中に子供を置き去りにして死亡させるというのとか、あとは飲酒運転なんかもその部類に入りますかね。「危ない」 とわかりきっているのに、「自分は大丈夫」 だと思ってるから大事に至ってしまうのではないかと。

製造する側は一生懸命努力して、新しいモノを造って、それが消費者に受け入れられて喜ばれているはす。喜ばしくないモノは、必要とされなくなって廃れていくだけだし。利用する人が好きでそれを使ってるなら、使用責任があっていいのではないかと思います。

亡くなられたお子様のご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーサイト

  • 12:39
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment









| /PAGES |